[PR]川越氷川祭 赤ちゃんの便秘にマルツエキスが良い? | 赤ちゃん便秘解消法

赤ちゃんの便秘にマルツエキスが良い?

病院で赤ちゃんの便秘について相談すると、マルツエキスを処方される方が多いですね。

便秘の度に赤ちゃんにマルツエキスを飲ませるお母さんも多く、何の疑いもなくマルツエキスを使用している人も覆いと思います。

 

 

赤ちゃんの便秘とマルツエキス そもそも何が含まれているのか?

 

マルツエキスの成分は、「麦芽糖」「デキストリン」「水」です。

 

麦芽糖について

 

麦芽糖は、砂糖等と比べるとカロリーが少なくて赤ちゃんの肥満等が心配なお母さんでも、安心して飲ませてあげる事が出来ます。

血糖値が上がりにくく、腸で吸収される事が無いのも特長ですね。

 

デキストリンについて

 

デキストリンは、じゃがいもやとうもろこしから抽出されるデンプンの一種です。

食物繊維の不足を補う為に使用される事が多く、厚生労働省からも「特定保健用食品」として認められている物も有ります(難消化性デキストリン)

 

ミネラル等の吸収が阻害される事が無いので、赤ちゃんだけでは無く、お子さんや私達も摂りたい所ですね。

マルツエキスに使用される理由は、整腸作用による物だと思います。

もちろん、副作用の心配等は有りません。

 

赤ちゃんの便秘とマルツエキス 気になる所が2点

 

赤ちゃんの便秘にはマルツエキスと言われる位、マルツエキスは有名ですが、個人的に2点だけ気になる点が有ります。

 

① マルツエキスは整腸作用が有りますが、腸内の善玉菌を増やしたりする事が出来ず、本当の意味での「腸内環境正常化」が出来ない。

今は母乳なので、さほど気になら無いかも知れませんが、マルツエキスにばかり依存してしまうと、離乳食に入った頃に強い便秘になる可能性が高くなります。

 

赤ちゃんは基本的にお母さんの産道を通る時に腸内細菌に近い物を受け継いで生まれて来てくれるので、お母さんが便秘がちの場合、高い確立で赤ちゃんも便秘がちになります。赤ちゃんの内から繊維質の野菜をモリモリ食べる事は不可能に近いので、

効率的に腸内環境を正常化する為には、「高純度のオリゴ糖」「胃酸に負けなきビフィズス菌」が必要です。

 

② 虫歯になる可能性が高い。

マルツエキスに含まれている麦芽糖は、虫歯になる可能性が少なからず有ります。

大人とは違い、永久歯に生え変わるのですが、口の中に虫歯菌が多いのは嫌ですからね。

それは、麦芽糖の性質上仕方の無い事ですね。

 

>>高純度オリゴ糖「 カイテキオリゴ」の詳細はこちらです<<

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ