[PR]川越氷川祭 赤ちゃんにウォーターサーバーは必要?母乳への影響を真剣に考える | 赤ちゃん便秘解消法

赤ちゃんにウォーターサーバーは必要?母乳への影響を真剣に考える

某清涼飲料水のCMでご存知かも知れませんが、私達成人の身体の内、約6割以上が水分です。

ですが、赤ちゃんの身体の水分は、約8割以上にもなります。

赤ちゃんは新陳代謝が凄く活発で、母乳等を素早く吸収し、あっという間に排出してしまいます。

 

 

なので、サイクルが非常に早い分、母乳等の水分に問題が有ると、不要な成分が身体に蓄積されてしまわないか心配になりますよね。

 

赤ちゃんにウォーターサーバーは必要?水道水は安全?

当然の事ながら、母乳はお母さんが何を食べて何を飲んでいるのかも深く関係しています。

それに、スーパーに売っている天然水もちゃんと「硬度」「pH(ペーハー)」等を意識しないと、天然水に含まれている豊富なミネラルが赤ちゃん身体に負担をかけたり、硬度によっては粉ミルクの成分がちゃんと溶けてくれないなんて事も有ります。

 

私が、一番心配なのは「放射線」についてですね。

ウオーターサーバーは定期的「放射線測定」を行なっている場合が多く、安心して飲む事が出来るのが嬉しいですね。

 

赤ちゃんにウオーターサーバーは必要?水の硬度について

母乳や赤ちゃんの事を考えてウオーターサーバーや天然水を飲んだりして気を付けている人も多いのですが、一般的にスーパーや通販サイト等で販売されている天然水を何も考えずに購入するのは少し勿体無いですね。

 

先ほどでも少しだけ触れましたが、硬水を赤ちゃんに与えるとミネラルが摂れて便利だと思われがちですが、赤ちゃんにはミネラルが多すぎる場合が多く、下痢等のお腹を壊す原因となる場合が多いです。

ウオーターサーバーや天然水を選ぶ時は、必ず軟水を選ぶようにしたいですね(硬度60度未満)

 

赤ちゃんにウォーターサーバーは必要?軟水の種類について

赤ちゃんやお母さんでも安心して飲めるウオーターサーバーは、主に「天然水」と「RO水」の2種類が有ります。

 

天然水式ウオーターサーバー

天然水の文字通り、日本の地下水等を使用しています。

外国産のミネラルウオーターとは違い、赤ちゃんに適切な量のミネラルも摂る事が出来ます。

 

RO式ウオーターサーバー

天然水等の飲料用の水を、RO膜と呼ばれるフィルムでろ過しています。

天然水とは違い、ミネラル等をほぼ完全にろ過してしまっているので、純水に近い状態になります。

商品によってはその後にミネラル等を添加する場合もあります。

 

個人的には赤ちゃんの将来を考えると天然水式ウオーターサーバーがオススメですね。

理由は、純水にしてしまうと、本当にキレイな水しか受け付けず、些細な雑菌や菌に負ける身体になる可能性が有るからです。

 

でも、水道水は自然の物では無い成分が含まれている可能性が有るので、個人的には白湯で有っても嫌ですね。

 
>>ウォーターサーバーの詳細はこちらです<<
 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ