[PR]川越氷川祭 赤ちゃんへの綿棒浣腸は実際問題どうなの? | 赤ちゃん便秘解消法

赤ちゃんへの綿棒浣腸は実際問題どうなの?

赤ちゃんの便秘解消に、オリゴ糖は、とても有効です。

赤ちゃんの便秘解消で即効性があるのは綿棒浣腸があります。

でも、綿棒浣腸は、くせになると、効果が薄れてしまい、うんちが次第に出なくなることもあるので、やはり、体内から便秘解消したいですよね。

 

便秘解消に、綿棒浣腸からオリゴ糖摂取に切り替えませんか。

オリゴ糖で、負担なく、安心安全、快適に排便させてあげたいですね。

オリゴ糖と言えば、腸内を綺麗にしてくれる乳酸菌のエサになります。

 

腸内環境を整えて、便秘を解消するには、オリゴ糖を取り入れることは、とても良いことなのです。

実は、生まれたばかりの赤ちゃんの腸内には、善玉菌以外の菌はいません。

当然に、腸内は常に綺麗な状態です。母乳には、たっぷりのオリゴ糖が含まれています。

 

市販のミルクの多くには、オリゴ糖が含まれています。

オリゴ糖と水分が十分な赤ちゃんは、便秘に悩むことも少ないと思います。

赤ちゃんが便秘に悩みだす時期は、離乳食が始まったり、うんちが固形になりだす頃が多いようです。

 

便秘の原因の一つに、腸の汚れが挙げられます。

善玉菌だけだった綺麗な赤ちゃんの腸が、腸の汚れなどの色々な要因で、便秘になってしまうのです。

オリゴ糖を摂取して、乳酸菌の活動をよくする食生活は、便秘解消、便秘予防にとても良いのです。

 

>>高純度オリゴ糖「 カイテキオリゴ」の詳細はこちらです<<

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ