[PR]川越氷川祭 綿棒浣腸時の血が出たり傷が出来る場合が有り、やり過ぎは危険です。 | 赤ちゃん便秘解消法

綿棒浣腸時の血が出たり傷が出来る場合が有り、やり過ぎは危険です。

赤ちゃんの便秘解消、うんちが良く出るということで、綿棒浣腸をしている人も多いと思います。

赤ちゃんの場合、まだまだ体の中の機能は未熟です。

それに加え、腸も長いので、実は、赤ちゃんの便秘の悩みは意外と出やすいのです。

 

便秘対策に、綿棒浣腸をしているお母さん方、綿棒に血が付くことはありませんか。

うんちではなく、綿棒に血が付いている場合は、肛門付近からの出血がほとんどです。

綿棒浣腸の時、気を付けていると思いますが、少し肛門の粘膜を傷つけてしまったのでしょう。

 

気を付けていれば、粘膜の傷は、自然に治癒するので、あまり神経質になる必要はないようです。

でも、軽く考えてはいけません。うんち全体に血が混じっている場合は、腸からの出血が考えられるので、迷わずに病院に行きましょう。

でも、肛門の粘膜が少し傷ついたと思っていると、その傷口から、思わぬ感染症になってしまうことも考えられ危険です。

 

そこで、オリゴ糖を取り入れて、体の中から、薬ではなく体に負担もなく、便秘解消、便秘予防しませんか。

感染症の不安もある綿棒浣腸ではなく、子供にも安心、安全で、善玉菌を増やして、腸の環境を整えるオリゴ糖で、便秘解消するのが良いのです。

 

>>高純度オリゴ糖「 カイテキオリゴ」の詳細はこちらです<<

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ