[PR]川越氷川祭 綿棒浣腸のやり方には工夫が必要?便秘解消法について | 赤ちゃん便秘解消法

綿棒浣腸のやり方には工夫が必要?便秘解消法について

赤ちゃんの便秘解消の方法の一つに、綿棒浣腸があります。

出生後の入院時に、綿棒浣腸を教えてくれる産院もあり、やり方を間違えなければ、便秘解消にとても有効な方法です。

まず、一般的なやり方ですが、綿棒浣腸をするタイミングです。

 

一番効果的なタイミングは、授乳やミルク、食事の後の30分以内が目標開始時間です。

人は、食べ物が胃に入ると、胃が大腸に合図を送ります。

その合図により、大腸は反射的に動き出します。

これは、ぜん動運動と呼ばれています。

 

食べ物が胃に入ると、便を大腸に送り出す動きが始まるのです。

胃から食べ物が無くなるのが、大体30分くらいなので、腸も動いている食後30分の時間帯がねらい目です。

綿棒の先に、粘膜を傷つけないように、たっぷりとオイルをつけるやり方をお勧めします。

 

そして、赤ちゃんの肛門に挿入して、腸を刺激します。

これで直腸が刺激され、うんちが出ます。

しかし、綿棒浣腸の欠点は、次第に効果が薄れてくるということです。

 

そこで、体の中から、腸の環境を整えて、綿棒浣腸の煩わしい作業をせずに、快適に排便できるようにしませんか。

オススメなのはオリゴ糖です。

オリゴ糖は、赤ちゃんでも安心して摂取でき、くせにならずに、腸内環境を整えてくれます。

赤ちゃんの便秘対策には、オリゴ糖を活用しましょう。

 

>>高純度オリゴ糖「 カイテキオリゴ」の詳細はこちらです<<

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ