[PR]川越氷川祭 綿棒浣腸で出ない時はどうするのが良い? | 赤ちゃん便秘解消法

綿棒浣腸で出ない時はどうするのが良い?

赤ちゃんの便秘解消に、綿棒浣腸をしているお母さんも、多いと思います。

でも、綿棒浣腸に不満を持っている人はいませんか。

まず、肛門の粘膜を傷つける恐れがあり、安易に作業してはいけないので、手間暇かかります。

 

母子ともに、多少なりとも緊張や不快感があると思います。

そして、最大の欠点ともいうべき、慣れてくると便秘解消どころか、綿棒浣腸では、なかなかうんちが出ないということです。

大人の女性であれば、浣腸、便秘薬が癖になると、便秘に効かなくなり、量や回数がどんどん増えていく、などと聞いたことはあると思います。

赤ちゃんの綿棒浣腸も同じで、次第にうんちが出ない、という悩みが発生します。

 

こうなると、病院で、お薬を処方してもらうなどの対策になると思います。

でも、小さい子供、特に新生児、月齢が下がれば下がるほど、薬の体に対する負担が気になると思います。

 

そこで、赤ちゃんの便秘を、綿棒浣腸、お薬に頼らずに、オリゴ糖と水分の補給という手段で乗り切りませんか。

オリゴ糖と水分は、うんちが出ない時に、体の中から改善するとても良い方法なのです。

オリゴ糖の浸透圧によって、水分が腸内を移動し、腸が刺激され、便秘が解消されます。

 

>>高純度オリゴ糖「 カイテキオリゴ」の詳細はこちらです<<

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ