[PR]川越氷川祭 新生児に綿棒浣腸するのはどうなの? | 赤ちゃん便秘解消法

新生児に綿棒浣腸するのはどうなの?

新生児の便秘解消に、即効性のある方法として、綿棒浣腸が挙げられます。

子供であれば、年齢が何歳でも有効で、特に新生児には、効果が高いです。

新生児は、まだまだ、うんちが形になりません。

 

固形のうんちになるまで、数か月はかかります。

そのため、綿棒浣腸の便秘解消の効果が高いと言われています。

そして、新生児の腸の長さは、身長に対して6,7倍あると言われます。

 

ちなみに、大人は、4,5倍ほどです。

腸が長い子供の頃は、それだけ便秘になることも多いわけです。

綿棒浣腸の方法は、食事の後、腸の動きが活発な時間帯に、綿棒にオイルをつけて、肛門入れ、腸を刺激します。

 

この時、動かない体勢で行いましょう。

綿棒を肛門に入れた状態で、動いたり暴れたりしたら、直腸や肛門の粘膜を傷つけてしまう恐れがあります。

もし、肛門の粘膜を傷つけてしまったら、傷を深くしてしまう危険があるので、綿棒浣腸は中止しましょう。

 

肛門の粘膜の傷をあなどってはいけません。

その傷口から、便秘どころではなく、思わぬ病気や感染症などになってしまうこともあるのです。

そこで、安心して摂取できる食品、オリゴ糖で便秘予防、便秘解消しましょう。

オリゴ糖は、便秘に有効な食品なのです。

 

>>高純度オリゴ糖「 カイテキオリゴ」の詳細はこちらです<<

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ