[PR]川越氷川祭 新生児の砂糖水の作り方と大切な事 | 赤ちゃん便秘解消法

新生児の砂糖水の作り方と大切な事

新生児の便秘には砂糖水が効くと言うのは昔から有る話で有名なのですが、それは、ただ単に糖分には便の固さを柔らかくする働きが有るので、一時的に新生児の便秘を解消しているに過ぎません。

 

 

新生児の砂糖水の作り方

 

① 砂糖水5mg または オリゴ糖1g(推奨)

② 白湯 100ml (水道水禁)

③ 人肌位の温度

 

基本的に水と砂糖なので、冷蔵庫で2日位ならば保存出来ます。

ですが、せっかく煮沸しているのですから早めに使い切り、清潔な状態で飲ませてあげたい所ですね。

 

大切な事は腸内環境の正常化

 

新生児の内と言うのは、お母さんの母乳からしか水分補給出来ていない事が殆どだと思います。

それに、新生児を超えた位になると、毎日飲む母乳の量自体も少しづつ減って来るとおもいます。

 

理由は、赤ちゃん本人がただがむしゃらに母乳を飲む事から、「なんとなく、喉が乾いて来たから飲む」事に意識が切り替わってくる時期でもあるからです。

そうなって来ると、母乳しか水分補給していない赤ちゃんの便は、水分不足により固くなり、便秘になってしまう可能性も非常に高くなります。

 

便秘になる度に砂糖水を作ってしまうのも良いと思いますが、赤ちゃんの腸内環境正常化とは程遠い事になり、やや強引に排便させている感じになってしまいます。

更に、この頃から砂糖水を飲ませてばかりいると、将来的に「大の甘党」に成長してしまい、立派過ぎる程、に成長してしまう場合が多いからです。

 

それに、便秘になり易い体質のまま成長してしまうと、離乳食に切り替わる時期に必ずと言って良い程便秘が悪化してしまいますので、今の時期から腸内環境正常化を意識しておく事が大切ですね。

 

>>高純度オリゴ糖「 カイテキオリゴ」の詳細はこちらです<<

 

>>>新生児の便秘には砂糖水が良い?でも、心配な点も・・・・

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ