[PR]川越氷川祭 乳児の綿棒浣腸は効かなくなるので、オリゴ糖がよい | 赤ちゃん便秘解消法

乳児の綿棒浣腸は効かなくなるので、オリゴ糖がよい

乳児の便秘に悩んでいるお母さんは多いと思います。

便秘気味だと、不機嫌だったり、ミルクの飲みが悪くなったり、お世話が心配で大変になってしまいます。

母子ともに、楽しく健康的に過ごすために、便秘対策しましょう。

 

便秘対策に、綿棒での浣腸が知られています。

病院で指導してくれるところもあります。

綿棒で乳児の腸を刺激して排便するという方法です。

しかし、綿棒浣腸は、即効性がありますが、回数を重ねると、便秘に効かなくなることがあります。

 

大人でも、浣腸や便秘薬は癖になり、効果が薄れ聞かなくなる、と聞いたことがあるかと思います。

乳児にとっても、綿棒浣腸に対して、不快感は多少なりともあると思います。

そこで、オリゴ糖入りの砂糖水を便秘解消に役立てましょう。

 

昔から、砂糖水が便秘解消に役立つと言われていました。

しかし、砂糖水のデメリットは、下痢になりやすくなるということです。

砂糖が、腸内の悪玉菌を増やしてしまうのです。

 

そこで、砂糖水をオリゴ糖で作りましょう。

オリゴ糖は、腸内のビフィズス菌や善玉菌を増やします。

オリゴ糖は砂糖と違い、下痢の心配はありません。

 

砂糖を多く与えると下痢以外にも、乳児にとってデメリットが多いです。

その点、オリゴ糖は安心して乳児に与えることができお勧めです。

 

>>高純度オリゴ糖「 カイテキオリゴ」の詳細はこちらです<<

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ