[PR]川越氷川祭 あったかいdeシュの使い方のコツ 有ると手放せないアイテムです | 赤ちゃん便秘解消法

あったかいdeシュの使い方のコツ 有ると手放せないアイテムです

あったかいdeシュは敏感肌の赤ちゃんにとっても良いし、うんちの処理が格段に楽になる霧吹きタイプのアイテムです。

 

 

使い方を間違えてしまうと新しいおむつに霧ダレが付いて雑菌が湧いてしまう可能性が有るので、新しいオムツの上に濡れて良い軟らかい布を1枚しいてあげると良いですよ。

オムツの上でうんちをキレイに落としてあげて、簡単で衛生的におむつが交換出来るのが魅力です。軟らかい布はガーゼがベストですね。

 

ガーゼタオルやガーゼハンカチを折りたたんで専用にしてしまうと良いかも知れませんね。

時間的に余裕が有れば裁縫専門店とか生地屋さんとかに行くとコストは抑えられるみたいです。

 

あと、あったかいdeシュの使い方で失敗している人が多いのは、「空打ち」をしてから赤ちゃんのおしりにかけてあげないと、あったかくならないです。

回数で言えば7~8回位タオルとか古いオムツにかけてからしないと、水のままです。

 

ママ友さんもあったかいdeシュを購入したその日位に「新品なのに壊れてるし・・ (;・∀・)」と言ったメールが来た記憶が有ります。

あと、あったかいdeシュは霧タイプなので、あまりやり過ぎると周りが予想外にべちゃべちゃになりますが、やっている内に慣れて来ます。

 
>>あったかいdeシュの詳細はこちらです<<
 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ